赤ちゃん、子ども、妊婦:具体的なニーズ

ロレアル製品の成分について (インサイド・アワー・プロダクツ)

乳児、小児、妊娠中の女性に対して、ロレアルは特定の処方憲章と特別な安全性評価戦略に従っています。製品の安全性は評価され、すべての対象者に対して保証されています。

IOP babies children  pregnant women

赤ちゃん(0~3歳)と子ども(3~18歳)用品の成分に関する厳格なルール

乳幼児向けの製品の成分については、厳格な規則に従っています。乳幼児向け製品の安全性評価は、規則で規定されています。また、化粧品の抗菌作用が3歳未満の子どもに影響しないよう、特別な注意を払う必要があります。

ロレアルでは、「赤ちゃん」や「子ども」向けの製品を市場に出す前に、特別な処方基準を定め、

特に厳しい安全性試験を実施しています。

赤ちゃんと子ども用製品に使用されている原材料は、100%低刺激性で、最大の皮膚寛容性が証明されているものです。成分の濃度、特に起泡剤は、赤ちゃんと子どものために特別に調整されています。すべての子ども用製品、および「家族全員のための」製品(シャワージェルなど)は、この原則を尊重しています。

赤ちゃんと子ども用の製品処方は、安全性確認試験を実施しています。最初に成人消費者のパネルで28日間の使用テストを行い、その後、独立した倫理委員会の承認を得て、小児皮膚科医の監督のもと、

赤ちゃんまたは子どもでさらに最低4週間の使用テストを行います。

ロレアルは赤ちゃんの衛生と健康に欠かせない、クレンジングジェル、ミセラーローション、おしりふき、おむつクリーム、日焼け止めなどの衛生・ケア用品を提供しています。子ども用製品については、お子様のお手入れに必要なもの、すなわちボディとヘアの洗浄剤と日焼け止め製品に限定しています。

ヘアカラー剤、縮毛矯正剤、香水、デオドラント剤、角質除去剤、ピーリング剤、マニキュアなどの製品カテゴリ―は、赤ちゃんや子どもには使用してはいけません。

サンケア製品の問題

赤ちゃんや子どもを守るためには、直接・間接を問わず、日光に当たることを制限したり妨げたりしなければなりません(特に赤ちゃんの場合)。たとえば、季節を問わず、屋外での活動やベビーカーに乗っているときなどです。間接的(日陰)に日光を浴びる場合でも、赤ちゃんや子どもの頭を帽子で覆い、サングラスやTシャツで保護しなければなりません。

皮膚科医は、赤ちゃんや子どもを太陽にさらさないことに加えて、日焼け止め製品で保護することが有用であると考えています。実際、成人の皮膚がんのリスクは、子ども時代に受けた日焼けの度合いに比例して増加します。赤ちゃんや子どものために特別に処方された製品を使用することをお勧めします。

ロレアルは細部にまでこだわった子ども用の日焼け止め製品を開発しています。 - 一貫して高い日焼け止め効果(SPF30から50+)を持っています。 - 特定の成分を低濃度に配合し、特にUVフィルターはその濃度を調整することで、最適な保護を実現しています。 - 低刺激性です。 - 水遊びや砂遊びなど、海岸での典型的な子どもの行動に対応し、効果的であるように設計されています。テクスチャーは子どもへの使用に合わせてより粘着性が高く、また皮膚全体に塗れているかどうか目で見て分かるように工夫されています。

妊娠中の女性

ロレアルでは、妊娠中の女性を対象とした製品について、特定の処方基準を定めて、安全性評価を行っています。 ロレアル製品の大部分は、婦人科医の指示がない限り、妊娠中の女性にも安全に使用することができます。疑問がある場合、特に職業上の理由で使用する方々(美容師など)は、医師に相談することをお勧めします。

ただし、例外的に妊娠中の女性への使用中止を推奨する場合もあります。安全性の確認が必要な場合には、製品のパッケージに特記事項を記載しています。これは、カフェインを含む痩身製品のようないくつかの製品に当てはまります。

ヘアカラー製品では、ヘアカラー剤と胎児へのリスクとの関連性を示した研究はありません。ブリーチ(脱色)剤についても同様です。ロレアル製品のヘアカラー剤は、胎児の発育への影響の研究を含む、すべての毒性データを審査する消費者安全科学委員会によって評価を受けています。

利用可能なデータによると、妊娠中の女性やその胎児へのリスクは特にないことが示唆されており、使用に関して特別な制限はありません。 アレルギーのリスクについては、すべてのタイプの使用者に対して十分に確認されており、製品のパッケージには、使用前にパッチテストを実施することが推奨されていることが明記されています。アレルギー治療薬が問題を引き起こす可能性があるため、特に妊娠中の女性にはパッチテストが推奨されています。