ロレアルの北アジアゾーン、全拠点でカーボンニュートラルを達成

22.07.2022 - Group

card image

【上海2022722日】世界最大の仏化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)は、北アジアゾーン(中国本土・日本・韓国・香港・台湾の5つの市場)において、当社グループ内で世界初となる、すべての事業所、工場、流通センター、リサーチ&イノベーションセンターにおけるカーボンニュートラルを達成したことを発表しました。本達成、気候変動というった脅威当社グループのみにおける重要なマイルストーンとなります

ロレアル北アジアゾーンのプレジデント兼ロレアルチャイナの最高経営責任者(CEO)ファブリス・メガルバン(Fabrice Megarbane)は、次の通りコメントしています。

「国連すべての都市組織がネットゼロにけた計画採用すべきであると警告していますロレアルアジアゾーンはこの課題みにおいてのリーダーシップを発揮しています。当社20年以上前地球環境危機深刻さを認識2009には製造工場配送センターの環境フットプリントの削減めました2020には、『ロレアル・フォー・ザ・フューチャー2025までに世界中のロレアルの全拠点カーボンニュートラルを達成するという持続可能性への意欲的なコミットメントを発表しました。北アジアゾーンが、目標達成みを加速させていることを、大変誇らしくっています

メガルバンは、上海で開催された「2022 L'Oréal North Asia & China Indirect Sourcing Supplier Day2022年ロレアル北アジア・中国間接調達サプライヤーデー)」において、本ニュースを発表しました。このイベントでは、約100 社の戦略的サプライヤーと主要ステークホルダーが一同CO2削減する協働解決策についての議論われました

ロレアルアジアゾーンは、当社グループのCO2削減ロードマップのいくつかの最初成果達成してきました。中国本土2019年、ロレアルの全拠点めてカーボンニュートラルを達成した市場でしたそして、日本市場20227にカーボンニュートラルを達成したことによりロレアルアジアはロレアルグループの全拠点でカーボンニュートラルを達成した最初地理的ゾーンとなりました

ロレアルグループは、北アジアゾーンにおいてカーボンニュートラルの達成という目標達成すべく、各拠点においてダイナミックな施策多様戦略的アプローチを採用してきました

再生可能エネルギーをオンサイトで発電

中国本土韓国では、再生可能エネルギーの発電設備設置によるCO2排出量削減、全体的みに重要役割たしています。蘇州にあるロレアルのBeautyCos工場では2015から、敷地内のソーラーパネルで、毎年120キロワットkWh電力発電しています。同様、蘇州にあるロレアルの配送センターに設置された屋上ソーラーパネルは2019年以来、440kWh電力需要100%供給しています

多様再生可能エネルギーソリューションを採用したオンサイト施設

ロレアルのBeautyCos工場、多様持続可能エネルギーソリューションがいかに連携してCO2削減目標達成貢献するかをすショーケースになっています。太陽光発電システムに、敷地内では熱電供給(CHP設置されバイオガスを利用して高効率蒸気電気生産していますバイオガスは、蘇州工業園区のバイオマスエネルギープロジェクトによって生産され、生ゴミや造園廃材原料として発電しています。太陽光発電、CHPシステムの設置、近隣再生可能エネルギーの調達わせることでBeautyCos2019にカーボンニュートラルを達成しました

5つの市場現地再生可能エネルギーを調達

アジアのロレアルの拠点では、再生可能エネルギーを生成する施設設置するだけなく、現地再生可能エネルギーを調達するための最善方法追求しています

中国本土では2018ロレアルの宜昌天美工場水力発電100%使用してカーボンニュートラルを達成しましたロレアル中国のオフィスやキャンパスでは、江蘇省再生可能エネルギープロジェクトとのパートナーシップをじてCO2排出量大幅削減するソリューションを採用しました

ロレアル韓国2021韓国RE-100システム(再生可能電力する世界的なイニシアチブ参加、同社のすべてのオフィスと配送センターで使用するエネルギーについて、韓国電力公社(KEPCOから再生可能エネルギー認証取得しました

御殿場にある日本工場には、再生可能エネルギーを利用したしい電気ボイラーが導入されました。日本ロレアルはリサーチイノベーションセンターオフィス、工場において、「グリーン電力証書」「グリーン熱証書」による取組みに参画することによりカーボンニュートラルを達成しました。「グリーン電力証書」「グリーン熱証書」とは、風力発電・バイオマス発電水力発電太陽光発電など、自治体認定した再生可能エネルギーの発電施設支援するみです

ロレアル台湾、地方自治体および商業ビルオーナーと電力購入契約、再生可能エネルギーへのみをいましたこれは台湾市場みですこれにより、同社2021年後半にカーボンニュートラルを達成しました

ロレアル香港エネルギー効率化対策実施、LED照明導入によるエネルギー消費量削減、オフィスでの再生可能エネルギーの調達により2020にカーボンニュートラルを達成しました

ロレアル北アジアおよび中国事業を担当するシニアヴァイスプレジデントであるパンカジュ・グプタ(Pankaj Gupta)は次のように述べています。「今日から、北アジアではロレアルの各製品はカーボンニュートラルな工場倉庫製造保管されます。今後、製品のイノベーション、消費者啓発プログラム、輸送改善、戦略的サプライヤーとの協働じて、業界のバリューチェーン全体におけるCO2排出量削減ステークホルダーとの協力推進していきます。」

ロレアルグループは2030までにすべての温室効果ガス排出量2016年比25%削減2050までに排出量をネットゼロにすることを目指長期目標設定しましたこの目標気候科学者推奨づいて、地球温暖化1.5えることを目的としパリ協定められたSBT(科学的根拠づく目標)」沿ったものです

 

> 日本ロレアル トップに戻る