仏・ロレアルのベンチャーキャピタルファンド「BOLD」 パーソナライズド美容に特化した美容スタートアップ企業「Sparty」に少数株主として出資

19.05.2022 - Group

card image

世界最大の化粧品メーカーである仏・ロレアルグループ(本社: パリ)のコーポレートベンチャーキャピタルファンド BOLD (Business Opportunities for L'Oréal Development) は、は、パリ現地時間2022 年 5 月 19 日、日本の D2C美容スタートアップ企業である株式会社Sparty(スパーティー/本社:東京都渋谷区、代表取締役:深山 陽介)に少数株主として投資することを発表します。
 
今回の出資は、ロレアルが日本で行う初のベンチャー投資です。Sparty社は、東京を拠点に、パーソナライズドヘアケア「MEDULLA(メデュラ)」、パーソナライズドスキンケア「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」などのブランドを通じて、日本におけるパーソナライズドD2Cビジネスモデルの構築に成功しています。Sparty社のユニークなビジネスモデルは、消費者がパーソナライズされた商品と顧客体験の両方を楽しむことを可能にしています。

ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区)の代表取締役社長であるジャン-ピエール・シャリトンは次の通り述べています。「日本は、世界のなかで最も洗練された、影響力のある美容市場の一つです。日本では、パーソナライズされた顧客体験が高く評価されています。特に美容の分野では、“パーソナライズ”に関連する新しいトレンドやイノベーションが顕著に表れてきています。パーソナライズ美容の先駆者であり、日本のD2C市場の抜本的に改革してきたSparty社と提携できることを大変うれしく思います」

Sparty社の創業者でありCEOである深山 陽介氏は、次の通り述べています。「Spartyのパーソナライゼーションにおける実績と、世界の美容市場におけるロレアルのリーダーシップにより、私たちは次の成長への道を歩み始め、日本および世界でさらに事業を拡大できると確信しています」

BOLDについてのより詳細はこちら(www.lorealboldventures.com)をご参照ください(英語のみ)。

 

> 日本ロレアル トップに戻る