日本ロレアル│廃棄物削減の取組み

ロレアルは、「地球の限界」を尊重するビジネスモデルに自らを変革していきます。

あらゆる人間の活動と経済活動の例にもれず、ロレアルの事業においても天然資源の消費は避けられません。こうした消費を管理し測定するために、ロレアルはリサイクルを可能にし、循環型経済の発展を促進する解決策を見出すことを目指しています。ロレアルグループ全体で、2030年までに、製品に使用するパッケージの量を2019年比で20%削減(原単位)、2025年までに、プラスチック製パッケージの100%を詰め替え可能、再利用可能、リサイクル可能、あるいは堆肥化可能なものに切り替えることを目標として掲げています。

日本ロレアルでは、事業活動で使用する紙を100% FSC認証紙へ、製品輸送時に使用する梱包材ならびに緩衝材を100%紙ベースのものに切り替えました。また「テラサイクル社」と包括的なパートナーシップを締結。全事業部が化粧品空き容器の回収を行っています。

2030年に向けた日本ロレアルの目標 │ 廃棄物削減

100%エコデザイン化

100%エコデザイン化

2021年度中に店頭什器と新規路面店を100%エコデザイン化

ゴミのリサイクル化促進

ゴミのリサイクル化促進

100%リサイクルに向け、事業活動を見直すとともに、先駆者的な企業・団体とのパートナーシップを通し、リユース、リサイクルを推進していきます

ゴミの総量削減

ゴミの総量削減

当社のバリューチェーン全体を通して、先駆者的な企業・団体とのパートナーシップを構築し、ゴミの総量削減を推進していきます。